「一目千本とも言われる、奈良吉野の山桜を見てみたい!


こんにちは!奈良に10年以上も住んでいたのに、吉野の桜を見たことがなかったkaorunです。


kaorunkaorun

ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。
ご挨拶を兼ねまして、プロフィールはこちらです。

1回目の結婚で奈良に住んでいた時から、吉野の山桜はとても綺麗だと聞いていたんですが機会がなく‥


大阪に戻って来てからは、久々に見る地元の桜に満足して、吉野の山桜はだんだんと記憶の隅っこに行ってました(;・∀・)


今年の桜はどこに行こうかな?と問いかけたときに、「吉野の山桜」ってピン!と思い出したんです。


kaorunkaorun

ピン!と教えてもらえたから、とにかく行ってみよう!今年の桜を見ることが出来るのは、今年だけだしね!

と、吉野の山桜を見に行くことを決めました(^^♪


そこで今回は・・・

  • 吉野の山桜と綺麗な景色
  • 桜以外にも楽しませてくれた花々



などをお伝えいたしますので、最後までゆっくりとご覧くださいね♪

春の吉野は駐車場がたくさんあって迷っちゃいます!




ワクワクしながら吉野の山に近づくと、登り口から規制がかかっています!曲がり角では、ガードマンさんが立っていて、誘導していました。


kaorunkaorun

規制をかけなきゃいけないほど、すごい人なんだ!
ナビと違う道になってしまう~。たどり着けるかな?

不安になりながらも、でも道は1本なので走っていると、駐車場がいくつも出てきて、道路を歩いている人もいます。


kaorunkaorun

道路を歩いているのは、どうしてなんだろう?
他に道がないのかな~?それとも、近道とか?

不思議だな~と思いながら、目にする駐車場の看板と、歩く人に注意しながら、ひたすら山道を上がっていきます。


突き当りまで走って来て、左右どちらに行ったらいいのかガードマンさんに尋ねると、


「この先は、駐車場がないからな~。左に行った〇〇さんの所だったら、軽自動車は止められるかもしれんから聞いてみてー」


kaorunkaorun

この先もう駐車場がなかったのね!何となく聞いてみたんだけど、聞いてよかった~♪

ガードマンさんにお礼を言って行ってみると、ホントに軽自動車1台分のスペースが空いてました!ラッキー♪


ホッと一安心して駐車料金¥1,500-を払うと、「吉野みてあるき」マップで現在地と見どころを教えて下さいました。



駐車場の方に頂いた「吉野みてあるき」マップ♪


kaorunkaorun

「吉野みてあるき」マップを見て分かるのか?私!

と地図を見ることが苦手な私は、チョッピリ不安になりつつ、でも「吉野みてあるき」マップがないと何処にも行けなーい!と感じた私。


「この地図、もらって良いですか?」


「ええ!持っていってください!」と頂けたので、一安心。


さてと~!「吉野みてあるき」マップを見ながら探索します♪

お参りもお店も大賑わいなのでのんびり位が丁度いい♪


金峯山寺から見た人・人・人~♪


駐車場の方が、「突き当りを左に行くと、金峯山寺吉水神社があって中千本の桜も綺麗ですよ!」と教えて下さいました。


kaorunkaorun

お腹もすいてきたな~、と時刻を見たら、お昼前。お昼ご飯は、寝かせ玄米のおむすびを作って来たけど、お店も見てみたい!



と言うことで、食い気に走り出した私(^_^;)


お店を見ながら歩いていると、細い小道に入っていく人、出てくる人を見掛けたんです。


kaorunkaorun

何?何?何があるの?私も行ってみる~♪

細い小道の先にあったのは、見事に咲いている中千本の桜


1本1本の桜は満開の時期を過ぎ、花びらが舞い始めていましたが、集まると見事なピンクの絨毯(じゅうたん)、いや河のよう(*^-^*)


さらに歩いていくと、ものすごく高い位置で咲いているシダレザクラに足が止まりました。


お店がたくさん並んでいるので、人通りも多いこの場所で咲くこの桜は、塀の上から私たちに癒しの傘を差してくれているように見えました♪





お店が立ち並ぶ先にあるのは、金峯山寺。金峯山寺は浄化のパワーが凄くパワースポットとしても有名です。

金峯山寺へお参りに行った記事は、コチラからチェックを!>>
金峯山寺は凄いパワースポット!私が体験した不思議な出来事3つ



金峯山寺の浄化パワーに触れたいな~と思い、四本桜の周りのベンチに座りお昼ご飯を頂きます。


私が座ったのは、写真に写っている縁結びの愛染堂前のベンチです。ベンチ以外でもアチコチで、たくさんの人がお昼ご飯を食べていましたよ♪


おむすびを食べながら愛染堂の「愛染明王尊」を見ると、顔がハッキリと分かり、目がキラリン!と輝いていました。


kaorunkaorun

目が合ってるみたいな気分♪

ちょっと、いや!カナリ嬉しい時間でした。
(*^-^*)





金峯山寺の入り口にある、「後醍醐天皇導きの稲荷」





前回訪れたときは、仁王門から入ったのでお稲荷さんは初めてです。


金峯山寺と一体感があるんですが、お稲荷さんの姿は立派で、凛とした空気に目も心も引っ張られました。

奈良に来たらぜひ食べたい柿の葉寿司




実は私、柿の葉寿司もほとんど食べたことがなかったんです。( ホンマに奈良で住んどったんかいっ( ̄▽ ̄;) )

柿の葉寿司は、奈良吉野・五条で、昔から伝わる郷土料理です。

鯖・鮭などを酢と塩でしめたものを、一口大の酢飯に乗せて柿の葉で包んだお寿司。

時間を掛けて熟成させていくので、作り立てよりも時間をおいてから、または2日目が美味しいのだそう!

またお店によってサバの味や、シャリの甘さや固さなどが違うので自分好みの味を探すのも楽しいです。



kaorunkaorun

奈良で住んでいたころは、何故だかサバに苦手意識を持っていました。それが今では、サバの水煮缶にハマって毎日食べていて、しめさば(きずし)も大好きに(年齢のおかげ?(;^ω^))

今の私なら、柿の葉寿司の美味しさが分かるんじゃないかな?と、柿の葉寿司を食べてみたくなったんです。


柿の葉寿司のお店がメチャクチャ多くて、どのお店で買おうか迷ってしまいます。

たまたま通った「にしや」さんで最後の1個をゲット!




こうなったら、直感で行くしかない!と最初にお邪魔したのが、金峯山寺の仁王門からすぐ近くの「にしや」さん。


こちらでは歩きながら食べられる様にと、1個から売っていました。


kaorunkaorun

1個から買えるのは、有り難い♪

そう思って並んでいると、私の前に並んでいた方で、「残り、4個になりました!」とお店の方の言葉が。。。


kaorunkaorun

前の人が全部買ってしまうかな~、どうかな~?

とハラハラしていたら前の方は何と、3個をお買い上げ。


「1個を私に下さい!」と最後の1個を無事に買うことが出来て、ホッとしたのと、ご縁があったんだと思いました♪

お店にはバラ売りだけではなく、箱入りの柿の葉寿司もありましたよ!

葛しるこもありました。あんこが好きなので、とっても惹かれます♪

店内に積み上げられた木箱に目をうばわれる「ひょうたろう」

もう1件、柿の葉寿司を買いに行ったのは、銅の鳥居のそばにある「ひょうたろう」さんです。


kaorunkaorun

多くの方が並んでいて、売り切れないかな~?とチョッピリ心配(;´・ω・)

「柿の葉寿司は本日の夕方ごろからが、食べごろになります。柿の葉寿司は2日目が一番の食べごろとなっております」


とお店の方が外に出て、伝えて下さっていました。


「ひょうたろう」さんでは、箱入りを売っていて、バラ売りはありませんでした。


柿の葉寿司の種類もサバだけでなく、もありましたよ!


ちなみに、私はサバの8個入りを買いました~、楽しみです♪


お会計を待っている間、お店の中をのぞくと木箱がたくさん積み上げられていました!


積み上げられている木箱の多さと、綺麗に積み上げられているのを見て、柿の葉寿司が丁寧に作られているんだな~と感じました♪

上千本桜を見るためにこれから山を上がります!

柿の葉寿司も買うことが出来たので、山桜を楽しみながら上千本へ向かいます!


再び金峯山寺の近くを通ると、空が桜に負けじとばかりに、雲で河を描いていました(*^-^*)


あんまり見ることがない雲の模様なので、見とれてしまいます♪


kaorunkaorun

見ているうちに、何故だか空に雲の虹がかかっているようにも見えたんです。。私だけかな~(;´∀`)

山道では色んな花が楽しませてくれます

歩いている途中には、綺麗に咲いている花が色々あって楽しませてくれます。


kaorunkaorun

花びらがとても大きな桜の花は、綿菓子みたいにフワッフワ♪

一つ一つの花が「見て♪ 見て♪ 」って言ってるように感じるほど、こちらを向いて咲いていましたよ(#^^#)


これは何の木なんだろう~?白い花が満開で、「わあ♪ 」と思わず見とれてしまいました(#^.^#)



なかなか急な登りみちですが、たくさんの人が登っています。負けるな~私の体力!

無料の休憩所でのおやつに柿の葉寿司を

「御幸の芝展望所、ごゆっくり無料休憩所」と書かれた案内板を発見!


景色を見ながら少し休憩して、おやつを頂くことにしました♪


先ほど「にしや」さんで買った柿の葉寿司です。1個って、可愛らしい♪


1個なのにおしぼりも付けてくれるなんて、お店の方の優しさを感じます!(^^)!


柿の葉をめくると、しっとりとしたサバのお寿司が出てきました。美味しそうです!


kaorunkaorun

景色を見ながら、いただきます♪

「にしや」さんの柿の葉寿司は、酢の酸味が控えめで、ご飯もほんのりと甘く食べやすい!


サバの臭みも消えていて、でもサバの味はしっかり味わえる。そしてご飯はギュッと詰まっていて、食べ応えもあり美味しかった~!


kaorunkaorun

1個じゃ物足りない!もうチョット食べたいな~

山道から階段を下りた先にあったのは?




kaorunkaorun

あら!あそこで、人が集まっている?!これは、何かありそう
♪(´∀`*)ウフフ

そこには上千本の桜から金峯山寺までもが見える、みごとな景色が広がっています。


桜と山と、そして景色の中央には金峯山寺がドーンと大きな存在感を放っていました。


実際に目で見る景色に勝るものはないな~、目って凄いな~!と感じさせられます。

上千本の桜を見るときにぜひ立ち寄って欲しい吉野水分神社




上千本には世界遺産の「吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)」があるので行ってみます。


「吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)」は水を司る、天之水分大神(あめのみくまりおおかみ)を主神とて七柱を祀っています。


”みくまり” が ”みこもり(御子守)”となまって小守さんと呼ばれるようになり、子授けの神としても信仰されていると書かれてありました。


鳥居が階段の途中にあって、山の上に上がってきたことを感じさせられます。


手水舎(ちょうずや・てみずや)で清めます。水を司る神様だから、丸い木のタルなんだろうな~と頭の中で巡らせます。


kaorunkaorun

井戸で汲んた水を木のタルに貯めていたのを、TVで見たぞ!と思い出したんです。

では、中に入ります。


入ってすぐ右側に、ふくろうが居ました!


何とも言えない表情をしていて、眺めていると愛らしい表情に変わってくる、味のあるふくろうです♪


中庭のシダレザクラの見事な姿に、目を奪われましたヾ(≧▽≦)ノ


山桜は花びらが舞い始めているのに、吉野水分神社の桜は、今まさに満開!


kaorunkaorun

時間がさかのぼったのかな?それとも、吉野水分神社は空気が違うのかな?

そんな錯覚に陥ってしまうほど綺麗で、しかもたおやかに咲いています。


シダレザクラを堪能する前に幣殿に向かい、住所と名前を名乗りご挨拶します。


そして水を司る神様が祀られている本殿にも、ご挨拶をしました。


三棟連結されているので各棟にご挨拶をしたんですが、頭の中がクルクルするような不思議な感覚がありました。


「吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)」へ参拝し、たおやかなシダレザクラも目に焼き付けたので下ります。

花矢倉展望台から見る景色がまた♪

吉野水分神社から少し下った所にある、『花矢倉展望台』


展望台なんて書かれていたら、見ずに帰るなんて出来ませんね(*´∀`)♪


写真では、一部分しかお見せできないのが、本当に本当に残念ですが…


写真の左右に広がる山々と桜がとても綺麗で、そしてこの日一番の高さから見る景色はもの凄く広大で感動です!


kaorunkaorun

この広大な景色の中にいる自分は、なんてちっぽけなんだろう〜。

そんなちっぽけな私の悩みや迷いなんて、物凄〜く小さいもんだよね〜、と気付かせてもらえました。




鮎の塩焼きの、屋台です!魚を焼く香ばしい匂いが漂って来て、食欲を刺激されそそられます♪


吉野川ではアユが釣れるので、もしかしたら吉野川の鮎かな?


鮎をグッと我慢して下りると、「老人憩いの廣場」の看板が。


メチャクチャ年期が入って字が擦れているんですが、それが逆に気になっちゃって行ってみることに♪


広い芝生の周りに桜が咲いていて、シートを敷いてお昼ご飯や休憩するのにとっても良い場所。


上にも登っていけるので、お子様連れのご家族も楽しめそうだな~と感じましたよ♪


さて、駐車場に到着♪ 山桜と吉野の山を堪能して、心に栄養を頂いた一日でした。

最後に


ガードレールで咲いていました。カワ(・∀・)イイ!!


いかがでしたでしょうか。

吉野の山桜を見に行きたいと思い立って、下調べも何もせずに行っちゃいました(〃▽〃)ポッ


思いのほか交通規制などがありましたけど、お昼前の時間帯が良かったのか、渋滞にも合わずに到着できたのは良かったです。


kaorunkaorun

実は‥桜は満開じゃないと見に行く価値がないよな~、と思ってたんです。でもそれは、思い込みだったと、山桜に気付かせてもらえました。

桜の花が舞っていても、山桜はピンクのじゅうたんや河のように綺麗だったんですもの
(*´▽`*)


kaorunkaorun

絶景のポイントや休憩処がたくさんあるので、中千本から上千本まで意外と歩けたー


と思ったのが、アラフィフkaorunの正直な感想です(*ノωノ)


ホント心が洗われて、豊かになれたので、気持ちに従って行って良かった♪ 


一日中でも探索できるので、次は朝早くから行きたいです。


それから柿の葉寿司や葛餅など、売り切れているお店もかなりあったので、欲しいものは重くなっても先に買うべし!ですね。

おまけ




「ひょうたろう」さんの柿の葉寿司は、帰ってから食べましたよ~


木目の箱が柿の葉寿司に合っていて、なんだか良い感じ♪


フタを空けると、出てきました~柿の葉寿司。もうこれを見るだけで、食欲が湧いちゃいます!


「ひょうたろう」さんの柿の葉寿司の味は、口に入れる瞬間にほのかな酸味を感じるんだけど、酸っぱさはなく食べやすい!


ご飯はふんわりしていて柔らかく、サバも臭みが全くなく噛むごとに甘い味がしてきます。


サバが苦手な人でも、食べれるんじゃないかな?とも思えるくらい美味しかったです♪


kaorunkaorun

ちなみに2日目は、サバがさらにまろやかになり、旨味を感じます。ご飯は2日目ですが、少~しだけ固くなっただけでした。

サバのうまさを感じるなら、2日目がおススメです♪

最後までお読みいただきありがとうございました。