夢をかなえるゾウは10年ぶりに読んでも、学んだことがたくさんある素敵な本!


こんにちは!アラフィフになっても、夢をかなえたいkaorunです。

kaorunkaorun

ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。
ご挨拶を兼ねまして、プロフィールはこちらです。


夢をかなえるゾウ」が、小栗旬さんや水川あさみさん主演でドラマ化されたのが、かれこれ10年以上前のこと。インドの神様ガネーシャの役をされていた古田新太さんが、似合っていてハマりました。


kaorunkaorun

ドラマが終わってから本を購入し、ドラマを思い出しながら照らし合わせたりして夢中になって読んでいましたね。それから「夢をかなえるゾウ」は、私の大切な本です。


先日、久しぶりに「夢をかなえるゾウ」を読んだのですが、アラフィフの今だからこそ学んだことがたくさんありました。


そこで今回は、「夢をかなえるゾウ」から学んだこととは?アラフィフだからこそ読みたい1冊、ということで

  • 「夢をかなえるゾウ」で出される、課題から学んだこと
  • インドの神様ガネーシャの、人柄から学んだこと



をシェアいたします。ではさっそく、「夢をかなえるゾウ」の話を思い出しながら、見ていきましょう。

夢をかなえるゾウの中でガネーシャが出した課題から学んだこと




ガネーシャが出した課題は、難しいことは何一つなく、すぐに出来ることばかりです。でも慌ただしく生活をしているうちに、つい忘れてしまうことでもあります。


kaorunkaorun

実は私、最初の課題「靴をみがく」ことを、夢をかなえるゾウを読んでからやり始めたんです。それは今でも続いていて、習慣になっています。


課題の数は、最初の章で25個、最後の課題で5個、合わせて30個と盛りだくさん!

そして、どんな課題があるのか?を少しだけお伝えいたしますと

  • コンビニでお釣りを募金する
  • 食事を腹八分におさえる
  • その日頑張れた自分をホメる
  • 身近にいる一番大事な人を喜ばせる
  • お参りに行く



と、直ぐに行動に移せる課題ばかりです。また、課題には番号が付いていますので、今自分が何個目の課題をこなしているのかも分かりますよ。

課題は1つずつこなすことで、課題にも自分自身にも向き合うことが出来ます。


kaorunkaorun

私はアレもコレもと欲張ってやるのですが、直ぐに結果が出ないことに嫌気がさして、途中で放り出してしまっていました。


そうならないためにも、今から始めたガネーシャの課題が、3年後5年後にどうなっているか?次は夢をかなえるゾウをいつ読もうかな?と楽しみながらこなしていく、そんな余裕も持ちたいです。


kaorunkaorun

主人公が課題をこなしていく中で、仕事のこと、お金のこと、そして自分自身のことについて学びはじめた言葉は、ズドーンと刺さりました。


何も考えずに、課題を1つやってみる!そして自分は、どう感じたのか?と自分を見つめることが大事なことだなと学びました。

夢をかなえるゾウの最後の課題から学んだことは?

ガネーシャの最後の課題から学んだことは、行動を起こす、そして経験を積み重ねていくこと。


kaorunkaorun

頭の中でどんなに考えていても、それは想像の世界で、現実は何も変わっていませんよね。それに、行動を起こしてみないと気付かないこともあります。


ただ、行動を起こすと、良いことだけではなく、嫌なことにも遭遇しちゃいます。


kaorunkaorun

私は良いときばかりを想像して、嫌なことは考えずに生きてきました。
想定外の嫌なことが起こると、こんなの嫌だ!と目をそらして逃げていました。
だから主人公に共感する部分が、本当にたくさんあったんです。


嫌なことに遭遇しても、ガネーシャの課題を行動に移すことで変えられます


また、最後の課題で学んだことは

  • 必ず実行する
  • 自分の奥底にしまっている気持ちを見る
  • 見える景色が広がる
  • 人生でとても大切なこと



最後の課題だけを読んでも、刺さるし、響きます。

kaorunkaorun

でもやっぱり‥やるなら最初の課題から一つ一つ、経験を積み重ねて、自分の変化を感じたい!


次はガネーシャの人柄で学んだこと、をお伝えいたしますね。

夢をかなえるゾウでガネーシャの人柄から学んだこととは?




夢をかなえるゾウで学んだこと、それは神様ガネーシャの人柄です。

  • 神様なのに、ダメな部分をたくさん見せる
  • ワガママをたくさん言う
  • 相手ではなく、自分の都合を優先
  • 自分の気持ちに素直
  • 感情をそのまま出す
  • ダメなこと、嫌なことはハッキリ伝える
  • ダメ出しだけではなく、ちゃんと褒める



主人公よりガネーシャの人柄の方がめちゃくちゃ出ています。主人公も、「子供みたいな神様だな」なんて言ってるくらいですから^^


kaorunkaorun

神様のイメージは、

  • 気高く
  • として
  • 説得力があり
  • オーラが凄く
  • 近寄りがたい

感じですよね。

ガネーシャは全くの正反対で、神様と言うより人間臭い、人間味があります。


ダメダメだけど、人間味が凄くあるガネーシャ。


kaorunkaorun

神様と主人公は上下関係のはずなのに、その人柄につい友達のような錯覚をしてしまう。

でも課題について話を始めるガネーシャは、主人公と同じ目線だけど、神様と主人公の線引きをキッチリしてるので、凄いな~と感心です。

ガネーシャの話し方にも学んだことがありました

ガネーシャは、相手に伝わるように人物の例え話を混ぜて、子供が聞いても分かるような、言葉をかみ砕いた説明をしています。


それは神様の話を上から目線で理解しなさい、ではなく、自分の話が相手に伝わるにはどう説明したらいいか?と相手に寄り添う気持ちからです。


自分目線なのか?相手目線なのか?、たったこれだけで、話の内容がガラッと変わり、気持ちの込め方も違ってくるんですね。


kaorunkaorun

ガネーシャの言葉には、説得力グッとくる言葉がたくさん出てきます。
相手に伝わるような、言葉の引き出しを私も増やしたいです。


実は1回目今回も、夢をかなえるゾウを読んでるときには、ガネーシャの人柄は気にとめていませんでした。

それが最後の課題になり、ガネーシャの主人公への想いが言葉に出てる気がしたんです。


kaorunkaorun

主人公が変われたのは、課題をこなしたからなのはもちろん。

そこにガネーシャの人柄もプラスされ、主人公は構え過ぎず緊張もしないありのままで課題をこなすことが出来たんじゃないかな?と感じました。


これが先生と生徒のような関係だったら、同じ課題をしたとしても、感じることが違ってたんじゃないかな?と思うのです。

そんなガネーシャのような、ダメダメだけど人間味のある人になるのが、私の目標です!


では最後にまとめますね。

まとめ

今回は、夢をかなえるゾウから学んだこととは?アラフィフだからこそ読みたい1冊をお伝えいたしました。

学んだことをまとめてみますと

ガネーシャが出した課題から学んだこと

  • すぐに出来ることばかり
  • 課題をこなしていく中で、仕事・お金・自分自身について学び始める
  • まずは課題をやってみる
  • 今から始めた課題を、3年後、5年後に習慣にする

最後の課題から学んだこと

  • 必ず実行する
  • 自分の奥底にしまっている気持ちを見る
  • 見える景色が広がる
  • 人生でとても大切なこと

ガネーシャの人柄から学んだこと

  • 神様なのに、ダメな部分をたくさん見せる
  • ワガママをたくさん言う
  • 相手ではなく、自分の都合を優先
  • 自分の気持ちに素直
  • 感情をそのまま出す
  • ダメなこと、嫌なことはハッキリ伝える
  • ダメ出しだけではなく、ちゃんと褒める



いかがでしたでしょうか?「夢をかなえるゾウ」を読んで、アラフィフだからこそ学んだことが、意外とたくさんあって驚いています。


ガネーシャの人柄だったからこそ、課題の内容も主人公に伝わって、気負いなく課題をこなし気が付けば変化していた。そう考えると、誰に教わるのか?って凄く大事ですよね。


また、人に伝えるために大事なこと

  • 相手の目線に合わせること
  • 難しい言葉よりも、かみ砕いた言葉
  • 想いを込める



というのも学んだことです。


kaorunkaorun

初めて夢をかなえるゾウを読んだときには、主人公と同じように本を読んだだけで自分が変わった気分になっていました。

実際、課題をこなしたのも最初の2つのみ(なのに、今まで続いてるのが不思議です)。


今回改めて夢をかなえるゾウを読んで学んだこと以外にも、10年前の自分を思い返して今と比較する、いい機会となりました。

kaorunkaorun

成長している部分もありますが、まだまだな部分もたくさんあるので、ガネーシャの課題をこなして成長したいです。

人生100年の時代になり、アラフィフってちょうど半分なんですよね~。これからの50年、どんな経験をするんだろう?自分はどれだけ変化出来るだろう?なんて考えると、ワクワクしたりドキドキしませんか?


kaorunkaorun

何歳になっても、変わり続ける自分でいたいですよね。

そして自分を変えるのが一番簡単だよ~なんて言いながら、ダメな部分を思いっきりさらけ出して、人間味のあるガネーシャのようになれたら‥何が見えるのだろう?


夢をかなえるゾウはこれからも、読んでいきたい私の大切な1冊です。

あなたもぜひ、読んでみて下さいね!最後までお読みいただき、ありがとうございます。